コタままのブログ

1歳4ヶ月差、年子兄弟のママ。もうすぐ仕事復帰。

フラッシュバック?

 

三歳児健診で「コタが吐きやすいこと」を相談したのがきっかけ。

 

その時内科の先生に「お母さんが状況をよくわからないのならぼくわにもわかりません」と突き放された。

 

「え?何その言い方」と感じたのは確かだけど、そこから一生懸命自分の気持ちを整理しつつ、相手の言うことを肯定化しようと、言葉を整理して自分なりに解釈していった。

 

そしてなぜか最後に「○○を気にかけて、記録してから、かかりつけに行けば良いのですね。そういうことに気づけてよかったです。なんか困らせてしまってすみません」と私は謝った。

 

そのあと、保健師の方に着替えの場所へ案内される時「あんな言い方ねえ。よくわからないから不安なのよね。…」のようなニュアンスの声を掛けてもらった。

 

その時に、涙がブワーッと溢れてきた。「ああ、私、本当はすごく嫌だったんだ。そんな言い方しなくてもいいじゃん、ってムカついたんだ。わからないから聞いたんじゃんって。今日はそういう日じゃないのか?って。」そうやって自分の中に渦巻く感情に気がついた。

 

人の感情にはすぐに気がつくくせに、自分の感情に気がつくのに時間がかかる。相手に嫌なことを言われた時に、自分の中でフリーズしてしまう。

 

そして、「うまくおさめよう、うまくおさめよう」って、自分が悪かったようにしちゃう。そうするとその場は収まるもんね。

 

でも、自分の感情は無視しているわけで。無視された感情達はどこにいっちゃうんだろうね。

 

この出来事をとおして、いままでのいろんなこと、親、職場・・・そんな場面がたくさんあったなーって、そのときの気持ちを考えると切なくて、悔しくて、、帰宅後は、涙涙、過呼吸になりそうなくらい涙。

 

在宅の旦那が受け止めてくれた。ありがとう。ムカつくし喧嘩しちゃうけど、あなたは私の支えです。

 

 

 

 わたしは金銭的にも比較的恵まれた、普通の四人家族。姉妹仲良しで、父は単身赴任。よくある普通の家庭で育った。

 

それでもひとつ、わたしのなかで残っているのは小学生時代、母が私にだけ厳しくって「お姉ちゃんの方が好きなんだな」って子供ながらに感じながら接していた事(私は幼児期に喘息で入院しがちだった。お母さんはその間に甘やかしすぎてどんどんワガママになった私をなんとかしようとしたそう。そして、入院中に一緒にいられなかったお姉ちゃんとの関係も深めたかったみたい。だから、«ひいき»してたんだって。大きくなってからそう言われた)。

 

本当はおばあちゃんの事が好きだったしもっと遊びに行きたかったけど(嫁姑仲×、二世帯住宅)おばあちゃんと仲良くするとお母さんに嫌われちゃうから・・・って気を使っていたこと。

小学生の時から家出をしたかったこと(理由は覚えていない。お母さんはお姉ちゃん、パパは私、みたいな役割分担がいいのだと自分の中で考えていたこと。でも本当はいつもいるお母さんに自分も受け止め貰いたかったんだとおもう。だから居心地が悪かったのかな?)

 

鏡を見ていたら(幼稚園年長~小学生って自分で鏡見るの好きだよね?)「でたーナルシス○○○←名前」といって家族に笑われたこと。

 

自分の考えたことを語り出すと(確かにうっとおしかったのかも)「でたー語り出したよー」と呆れられる。

 

…なんとなくそんなことばかり覚えていて、幼い頃褒められた記憶があんまりないんだよね。

 

それに、「がんばったでしょ?」っていうと、「おかあさんそうやって言うの嫌い」とか言われたな~。

 

あれ、、、いいおあ母さんだと思ってたし今も助けて貰ってるけど、こうして書き出すと、当時のお母さんちょっとひどくないかい?!

 

 

 

職場では、大変だから人手を下さい、と頼んでも動いて貰えなかったり、そんなカツカツの状態だから、うまくいかなかったのもあるのに、それを「全てわたしのやり方がいけないんだ。私がダメなんだ」と思い自分を責めたこと。

 

 

そんで、大変で助けて!help!!って言った時は助けてくれなかったのに、全然違う時に助けられたんだよね。思い返すと。

 

私はそれで「この職場の人達はいい人だ、わたしは恵まれてる」って思ってた。

 

でも、加藤諦三さんの本を読んでいて、<なんにも言ってないのに助けてくる人は要注意!あなたを利用しようとしている。本当にあなたの事を思っている人は「助けて」といったときに「いいよ」と手を差し伸べてくれる>って書いてあった。

 

あれれ~職場の、いい人いたちと思っていた人は、「助けて」って言った時助けてくれなかった…?

 

だから仕事のことを考えると、こんなにどんよりするのか、こんなに精神が摩耗するのか。

わたしはまわりのひとを「いい人なんだ」と言い聞かせてきたけど、ちょっと見直す必要があるんじゃないか???なんて思い始めている。

 

 

 

話がすっとんだけど、私は自分の気持ちをもっと大切にしないと。人に好かれようと自分を無視していい顔するの、やめないと。自分を大切に思ってくれると、ただ利用しようとしている人を見分けないと。

そんなことを最近すごく思っている。

 

 

 

私はそんなにダメじゃない。頭の回転は遅いし言葉もうまくないけれど私の中にうまれた感情は間違いじゃない。いつも相手が正しいとは限らない。

 

 

話が飛び飛びと~び~だけど、三歳児健診のジジィのおかげで、色んなことを考え直すキッカケになりましたとさ。

 

 


f:id:shizuku0880:20210301164018j:image

 

綺麗なお花⸜🌷︎⸝‍

春ですねぇ〜